須坂市立墨坂中学校 > 同窓会

学校紹介 地図 沿革 主な行事 生徒会
部活動 PTA活動 同窓会 学校評議員会 トピックス
50周年記念事業

同窓会

本校の同窓会は、開校20周年(昭和53年)に設立致しました。それから現在までの間、特に、開校30周年・40周年・50周年記念事業の運営にあたっては、絶大なご尽力を賜ってまいりました。
 会長は本校の学校評議員でもあり、同窓会入会式とあわせて年間にたびたびご来校を賜っております。
 また、理事20名を常時配し、年一回の総会を経年継続し、本校の教育活動を常日頃から見守っていただいていることも、本校同窓会の大きな特徴です。
 本校の卒業生も直、12000人になんなんとしており、平成17年度の規約改定により、会員全員による総会を廃止致しましたが、今後とも皆様のご協力をお願いする次第であります。


墨坂中学校同窓会会則

第一章  総  則

第1条  本会は須坂市立墨坂中学校同窓会と称する。
第2条  本会の事務局を須坂市立墨坂中学校(以下、母校という)におく。
第3条  本会は、会員相互の親睦をはかり、母校の健全な発展に寄与すること目的とする。
第4条  本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
      一、本会の目的達成のための適当な行事、必要な事業

第二章  会員および役員

第5条  本会々員は、次の2種とする。
       一、正 会 員 母校卒業生
       二、特別会員 母校全職員およびかつて職員であった者
第6条  本会に次の役員をおく。
       一、名誉会長  1 名
       二、会 長  1 名
       三、副 会 長  2 名
       四、理 事  若干名
       五、評 議 員  若干名
       六、幹 事  2 名
       七、監 事  2 名
       八、会 計  2 名(学校の担当職員を含む。)
第6条2 名誉会長・学校の担当職員を除くすべての役員を代議員とする。  
第7条  本会の役員の選出は、次のように行う。
       一、名誉会長は、母校の学校長を推す。
       二、会長、副会長は理事会において、正会員の中から選出する。
       三、理事は前年度の理事会において推薦し、会長がこれを委嘱する。
       四、評議員は必要に応じて会長がこれを委嘱する。
       五、幹事・監事・会計は、会長がこれを委嘱する。但し、理事との兼務はこれを妨げない。
第8条  役員の任期は1年とする。但し、再任は妨げない。
第9条  役員の欠員が生じた場合、必要があるときは、これを補充する。
      但し、補充された役員は前任者の残された任期を努めるものとする。

第三章  会務および会議

第10条  名誉会長は、本会の名誉を代表する。
第11条  会長は本会を代表し、会務を総理し、総会・理事会・評議員会を招集する。
第12条  副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、その任務を代行する。
第13条  本会の会議は次のようにする。
        一、総 会
        二、理 事 会
        三、評議員会
第14条  総会は本会の最高機関として代議員をもって構成し、重要な決議が生じたと きに開催する。
第 14 条2 理事会において議する事項を次のように定める。
        一、会務ならびに事業報告
        二、決算の承認ならびに予算の議決
        三、その他必要事項  
第 14 条3 評議員会は、理事会に協力して決議された事項を処理する。
第 15 条  議長の選出
         一、総会は、出席者の互選による。
        二、理事会は、会長が努める。
        三、評議員会は、会長が努める。
第16条   議決は、出席者の過半数の賛成により決定する。賛否同数の場合は議長が決 定する。

第四章  会  計

第17条   本会の経費は、会員の入会金・寄付金及び雑収入をもってこれにあてる。
第18条   正会員は、入会の際の入会金として、金1000円を納入する。
第19条   本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

附    則

第20 条   本会則の変更は、総会にはかって、これを決定する。
第20条2  会則の内、緊急なもの、時代の動向にそぐわないものの変更は理事会にはかり、これを決定する。
第21条   会員は、住所・身上に異動のあったときは、その動静を本会事務局に報告するものとする。
第22条   本会々則は、昭和53年11月5日より実施する。
第22条2  平成17年4月1日より一部改正実施する。


上に戻る