須坂市立墨坂中学校 PTA活動 > PTA会則

学校紹介 地図 沿革 主な行事 生徒会
部活動 PTA活動 同窓会 学校評議員会 トピックス
50周年記念事業

墨坂中学校PTA会則

第一章  総   則

第1条 本会は墨坂中学校PTAという。
第2条 本会は生徒の健全な成長をとげさせるため、家庭、学校、社会が一体となって教育に邁進することを目的とする。
第3条 本会はその目的を達成するために次の事業を行う。 
  1. 教育研究の深化を図る。                         
  2. 生徒の生活指導について万全を期する。  
  3. 学校の教育的環境の整備を促進する。
  4. 生徒の心身の健全な発達をはかる。
  5. 会員相互の教養を高めるとともに親睦を深める。
  6. その他必要と認める事項。
  
第二章  方   針

第4条 本会は教育を本旨とする民主的団体として活動する。
第5条 本会は営利的、宗教的、政党的であってはならない。
第6条 本会は生徒の福祉のために活動する他の社会的諸団体及び機関と協力する。
第7条 本会は自主独立のものであって他のいかなる団体の支配、統制、干渉をも受けない。
第8条 本会は校長、職員と学校問題について討議し、またその活動を助けるために意見を具申し、参考資料を提供するが直接に学校の管理や職員の人事に干渉するものではない。
第9条 本会は国及び地方企共団体の適正な教育予算の充実を期するために努力する。
第10条 本会は学校の財政的維持及び職員の給与並びに生活費に関して直接責任を負うものではない。

  
第三章  組   織

第11条 本会の会員は当校生徒の両親、保護者および当校職員、ならびに本会の趣旨に賛同する者をもって組織する。
第12条 本会は次のPTAを内に含む。
 1 学級PTA  2 学年PTA  3 支部PTA
第13条 本会の目的を達成するため、次の専門部及び組織をおく。
 1 教養部 2 施設部 3 保健厚生部 4 校外指導部 5 正副学級会長会 6 人権同和教育委員会

  
第四章  役 職 員

第14条 役員および定数
  1. 会長   1名
  2. 副会長  4名(内1名は教頭)
  3. 顧問  若干名(但し校長は顧問)
  4. 理事  若干名(正副専門部長・代表、人権同和教育副委員長、学校職員若干名
  5. 代議員 若干名(支部長、理事、学校職員若干名)
  但し、
(1)代議員が正副会長に選出されたときは補充者を出す。
(2)会員戸数100戸以上の支部は副支部長も代議員となる。
  1. 専門部員若干名(学級PTAより4名、学校職員若干名)
  2. 幹事若干名
  3. 会計 2名
  4. 会計監査 3名(支部長代表と2年・3年学年副会長)
第15条 役員の選出 
  1. 会長、副会長は代議員会で選出する。
  2. 顧問は代議員会にはかって会長が推薦する。
  3. 専門部長・副部長は代議員会で選出する。
  4. 監事は代議員会で推薦し、会長が委嘱する。
  5. 会計(Pより次期会長候補の副会長1名、Tより1名)は会長が委嘱する。
  6. 幹事、正副学級会長会会長、人権同和教育委員長は会長が委嘱する。但し、後者2名は、副会長が兼ねる。
  7. 支部PTAの支部長は、各支部で選出する。
  8. 学級PTAの正副会長は学級で選出し、正副学級会長会を組織する。正副学年会長は学級会長の互選による。学年会長は、正副の代表となる。
  9. PTA文庫(正副学級会長会に所属)は各学級の学級PTA副会長から成り、代表1名、副代表2名は3年の学級副会長の中から互選で選出する。役員の任期は1ヵ年(4月1日より翌年3月31日まで)とする。但し、欠員を生じたときは補充する。補充者の任期は前任者の残任期間とする。
  10. 人権同和教育委員は、各学級より1名選出し、3年委員の副委員長を選出する。
第16条 役員の任務
  1. 会長は本会を代表し、一切の会務を総括し、総会、代議員会、理事会を招集して、その議長となる。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。
  3. 監事は会計の監査を行い、これを代議員会、総会に報告する。
  4. 幹事は会計、会務を処理する。
  5. 専門部正副部長、正副支部長、正副学級会長会代表、正副人権同和教育委員長、正副学年・学級会長はそれぞれの機関の会務を処理する。
  6. 支部長代表は、総会の議長となりうる。
第17条 本会は毎年定期総会を開く。但し、必要に応じて臨時総会を開くことができる。総会は本会の最高議決機関であって次の事項を行う。
  1. 代議員会議決事項の承認
  2. 予算ならびに決算の承認
  3. 役職員の承認
  4. その他必要と認められる事項の決定
第18条 代議員会は会長がこれを召集し、次の事項を議決する。
  1. 正副会長、専門部長の選出
  2. 各種議案の審議決定
  3. 専門部会遂行事項の承認
  4. 会則の変更、会計監査ならびに決算の承認
  5. その他、必要と認める事項
第19条 理事会は正副会長、理事、幹事、会計をもって構成し、次の事項を行う。
  1. 各種原案の作成
  2. 緊急事項の処理
第20条 専門部会は次の事項を行う。
 代議員会で決定した事項の処理、執行
第21条 正副学級会長会、人権同和教育委員会は会長がこれを召集し、必要な活動を行う。
第22条 幹事は次の事務を担当する。
  1. 予算の編成
  2. 各種議案の作成
  3. その他必要な事務

  
第五章 会  計

第23条 本会の経費は会費及びその他の収入をもってあてる。
第24条 本会の会計監査は、年1回行い、会計監事がそれにあたる。
第25条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 〈 付則 〉
(1)この会則は昭和42年5月15日より実施する。
(2)昭和 59年4月1日より一部改正実施する。
(3)昭和 61年4月1日より一部改正実施する。
(4)昭和 63年4月1日より一部改正実施する。
(5)平成 3年4月1日より一部改正実施する。
(6)平成 6年4月1日より一部改正実施する。
(7)平成 7年4月1日より一部改正実施する。
(8)平成 8年4月1日より一部改正実施する。
(9)平成 14年4月1日より一部改正実施する。
(10)平成19年4月1日より一部改正実施する。


  墨坂中学校P T A慶弔規定

(1)会員に不幸があった場合は、次の通り弔意を表す。

  1. 会員(PTA会員、父母ともにいない場合は事実上の保護者)死亡の場合は、御香料として5,000円を呈し、会長が弔問する。
  2. 学校職員(PTA会員)が死亡の場合は、理事会の協議による。
  3. 生徒死亡の場合は、会員の場合に準ずる。
(2)学校職員が入院2週間以上の場合は、お見舞いとして3,000円を呈して見舞う。病気休職で1年を越えるときは、1年ごとに3,000円を呈して見舞う。
(3)学校職員結婚のときは、御祝儀5,000円を贈り祝意を表す。
(4)本会正副会長の退任の場合は、次の基準により記念品を贈る。
  ※正副会長在位1年につき、3,000円+(2,000円×在職年数)
(5)会員が災難に遭い、見舞いや慰問の必要の生じたときは、理事会の協議による。
(6)前項以外の場合は、祝儀、見舞、香料、記念品等は一切呈さない。
(7)会員外の事務、業務員に慶弔の生じた場合は理事会の協議による。
(8)前各項の費用は、PTA予算より支出する。
(9)会員は、祝儀、見舞、香料、記念品等を受けた場合、返礼は一切しない。
(10)学級PTAとして慶弔の必要の生じた場合は、学級PTA会長が、学級担任と協議して善処する。
(11)前各項の変更の場合は代議員会の議決による。
(12)この規定は昭和55年4月1日より実施する。
(13)平成10年4月1日より一部改訂して実施する。         

上に戻る