須坂市立墨坂中学校 > 学校紹介

学校紹介 地図 沿革 主な行事 生徒会
部活動 PTA活動 同窓会 学校評議員会 トピックス
50周年記念事業

須坂市立墨坂中学校の紹介


校章

 墨坂中学校の校章は、アカシアの葉が「墨坂」を取り囲んでいる図柄です。学校のまわりのいたるとこにアカシアの木が自生していることから、初代校長の増田新三郎先生の発案で制定されました。アカシアの花言葉は『友情』です。


校歌

作詞 大日向千秋先生
作曲 清水弥平先生

 大日向先生は、明るく、のびのびしている生徒をイメージし、文語調を取り入れて中学生らしさを出し、いくぶんごつごつしたところを持たせながら、耳で聞いてもすぐに覚えられるようにと苦心して作詞して下さいました。
 清水先生は、美しい雄大な自然環境を最初の旋律で、やや難しくはあるが、五度下りで温雅な美しさを表現し、困難にうちかつ力への願いを最後の旋律に込めたとのことです。ゆったりと大らかに、活気を持って歌ってほしいとおっしゃっています。

校歌を聴く♪

学校目標 「 強く 賢く 共育ち 」
 

墨坂中学校の生徒としての誇りと自覚を持ち、目標に向かって自己を高めていく意欲的な生徒を育成する。

 (1) 主体的に学習に取り組み、粘り強く追究できる生徒
 (2) 心も体もたくましく、賢く誠実に生活できる生徒
 (3) 自分を厳しくみつめ、他を思いやり、共育ちできる生徒



2015年度グランドデザイン

概要

 須坂市立墨坂中学校は須坂市の南西部、須坂・長野東インターチェンジから北東へ車で5分、長野電鉄須坂駅からは南方へ車で5分ほどのところにある学校です。百々川や鮎川が近くを流れ、様々な文化的活動が行われる須坂市メセナホールも数百mのところにあります。
 本校の学区には、井上小学校、日野小学校、高甫小学校、森上小学校、小山小学校があり、井上・日野の両小学校の大多数の卒業生、高甫・森上・小山の各小学校の一部の卒業生が本校に進学しています。
本校は昭和33年、井上、高甫、日野の3地区の中学校を統合して開校され、平成20年には創立50周年を迎えます。この間、昭和56年には女子バレーボール部が全国優勝、昭和59年には男子テニス部が北信越大会で優勝、平成元年全国中学生ワープロ新聞コンクール最優秀賞、平成12年安全教育文部大臣表彰、平成17年吹奏楽コンクール県大会金賞、平成18年中学生創造ものづくり教育フェア「あなたのためのおべんとう」コンクール全国大会優秀賞等々、生徒の活躍が多方面で認められています。
 現在の校舎は平成6年に新築されたものです。「純白の壁いつまでも」を合い言葉として、旧校舎からの伝統である「ひざつき4回がけ清掃」を続けています。平成18年には新体育館と新プールが完成し、体育館については須坂市教育委員会を通じて地域の方々にも開放しています。
 本校では開校当初からJRC(青少年赤十字)活動を行ってきました。この活動の一つのフィリピンへタオルを送る活動が、平成19年度、小さな親切運動県本部実行章を受賞しました。また、本校の文化祭である「墨坂祭」は、日頃の学校生活の集大成との位置づけで生徒会によって企画・運営され、地域の皆様にも公開されています。この他に、、PTA活動では、PTA資源回収・PTA作業等が、親子で一緒に学校のために汗を流す機会として毎年行われています。


上に戻る